店舗デザインで集客力を高めるポイントとは

内装の色調も効果を左右する重要なポイント

入店しやすいことを十分に意識することが重要 | 内装の色調も効果を左右する重要なポイント | オーナーがどのような接客を行いたいのかを十分に意識

店舗デザインは、内装の色調もその効果を左右する重要なポイントとなります。
落ち着いた雰囲気を必要とする高級店の場合には比較的暗めの色調の内装を使用し、重厚な雰囲気を醸し出すことで顧客の高級感を煽ることにつながるため、非常に良い方法となっています。
またこのような店舗の場合には威厳を出したいと大きな看板や重厚なドアなどをイメージすることも多いのですが、これでは逆に威圧感ばかりが際立ってしまうことにもなりかねません。
そのため色調は比較的落ち着いたものにしながら、できるだけ入り口などは広くすることも重要なポイントとなります。
このようにすることで高級感があるけれど比較的入りやすいと言うイメージを前面に押し出すことができ、新規顧客を獲得することができるチャンスが広がるものです。
店舗デザインはオーナーの目的を表現するものでもあるため、その目的を明確にすることも重要です。
より多くの顧客に気軽に入店してほしいと言う場合には、色調を明るくし見やすい内装とすることがポイントであり、また商品なども気軽に手に取って見ることができるよう陳列台などを中央に設置したり、わかりやすくすることがポイントとなります。
しかしオーナーが十分に接客を行いたいと言う場合には、あえて陳列棚などを準備せずガラスケースの中に美しくディスプレイするというのも1つの方法です。
顧客はこれらをじっくりと眺めることができ、必要に応じて店員に声をかけて実際にガラスケースからものを取り出して見せることで、より接客を行うチャンスを増やすことができます。